2009年06月24日

腰痛の原因

CA3A0062.JPG

↑これ作ってました、な蒼空です。
 塗装用換気装置がないから室内でやるわけに行かないんで、いつも縁側に座って作業してます。
 ほこりが立つといけないので座布団引けません。冬は4時間くらいでやばいです。
 知らない人のために説明しますと、こいつは秋水って言う旧帝国海軍の(正確には陸海共同開発ですが、飛行したのは海軍管轄のこの1号機だけ)試作局地戦闘機です。ド派手なオレンジ色は試作機の所為。
 世にも珍しいロケット(といっても一般的なロケットエンジンとはチト違う)推進の戦闘機で、ドイツのメッサーシュミットMe163という機体を元に開発されました。
・・・本当はぱくりライセンス生産になるはずでしたが、まともな資料が届かず外形とエンジンの原理以外殆ど独自開発になったという悲劇の機体。
 しかしそこは尻に火がついた日本のマエストロたち。なんと1年足らずで初飛行までこぎつけたそうです。

CA3A0063.JPG

CA3A0064.JPG

CA3A0065.JPG

CA3A0066.JPG

CA3A0067.JPG

 同スケール(1/72)メサイヤと比べるとモノすげーちっさいですね。
 で、何でこのプラモデル作ることになったかといいますと、父親の知り合いで去年私と面識が出来た方が元海軍航空整備兵で

なんと秋水の整備をやっていた一人!

 正確には科学整備担当だったそうなんで、恐らく燃料関係かエンジン関係の整備をやっておられたのでしょう。

まさに生き証人。

 まさか奈良にこのようなお方がいて、しかも知り合いになれるとは! 生きてて良かった、そして生きてくれててよかった(コラコラ
 で、作ってあげたわけです(もうこの秋水はお嫁に行ってます)
 ・・・ずいぶん喜んでくださいました。本当に作った甲斐があります。
 もうよぼよぼのボケかけ(だから失礼だって)の方なんですが、渡した瞬間腰が伸びて口調もはっきりしなすってましたwww
 いろいろ貴重な話も聞かせていただきまして、秋水は飛ばすたびに落っこちたとか。確か伝えられている記録では秋水は1号機が一度飛行し、着陸に失敗して大破したとき意外は飛んでないはずなんですが、もしかして戦後の混乱期でちゃんとした記録が残らなかったのでしょうか。
 まぁあの方は整備兵で飛行には立ち会っておらず、話で聞いただけとも言っていたので秋草(秋水の試作機兼練習機)と混同している可能性もありますが。
 他にも、↑の画像ほど黄色っぽくなかったとも言ってらっしゃいました。う〜ん、説明書の指示よりだいぶオレンジに振ったんですが、どうなんだろう…?




 一つ文句を言わせてください。ただで間借りさせてもらっている身ですが言わせてください。
 以前、記事に貼り付けるための画像などのファイルはファイルマネージャーというものからアップしていたんですが、最近変わったんですよ。
 で、この新しい方式が見た目は使いやすそうなんですがMig-31には対応していないのか

重いんだよ!

実質的に使えないんだよ!!

ここまで来るのに4時間くらいかかってます。以前のがマニュアル車だとしたら今のこれはオートマチック。使いやすそうに見えてギヤが一段つぶれると連鎖反応を起こしてあちこちだめになる。

なにこれρスペックPCユーザーは置いてきぼりですか!?

あまりにも酷い。
 途中からファイルアップだけIE6でやったんですが、こちらでは普通に出来ました。しかしIEはそれ以外が遅い。

ファイアーフォックスユーザーは置いてきぼりですか!?

IEなんて優遇して誰が得すると? そりゃ確かに普及率で言えば1番のブラウザですが、ぶっちゃけそれはただ単に窓ゥズに最初から入っているからって話です。スペック的(特にメモリ使用量とか)には他のフリーブラウザのほうが優れています。
 なにあのIE7って。酷いパクリな上にあまりにも重い!不安定! お願いですからファイアーフォックスにもちゃんと対応させてくださいお願いします…







流石中国、これほどのことを隠蔽してしまうとは。ほんとドグサレですね。
昔はまだ偉大な国だったろうになぁ。













セーラー戦士ってレヴェルじゃねぇぞw
PV見るだけじゃなく曲も聴きましょう。クォリティ高いですよ。





Mステ…



懐かしいw
投票結果が何処ぞのくにの大統領選並みに(ry



こ、怖ぇえw マジ怖ぇwww





'`,、('∀`) '`,、



 _  ∩
( ゚∀゚)彡 ふぁっきん!ふぁっきん!
 ⊂彡

市場wwwww



アスカランドリー…





オナカイタイ・・・
メリケン人の脳みそは理解できないと理解しましたw



嫌なアイツも駆除できそうです。



posted by 蒼空 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。